メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画

シンガポールと日本共同製作「ラーメンテー ラーメン×バクテー」 クー監督ら高崎市長表敬 /群馬

高崎市役所を訪れ富岡賢治市長(左端)と談笑するジャネット・アウさん(左から2人目)とエリック・クー監督(右端)=高崎市高松町で

食が二つの国をつなぐ

 高崎市でのロケが決まっているシンガポールと日本の共同製作映画「ラーメンテー ラーメン×バクテー」のエリック・クー監督(シンガポール)と、主演女優のジャネット・アウさん(同)らが30日、高崎市役所に富岡賢治市長を表敬訪問した。

 映画は、日本のラーメンと、シンガポールのバクテー(ぶつ切り豚肉の煮込み)という両国のソウルフードを通じて人間の絆を描く。クー監督が長年温めていた構想を実現した作品といい、日本からは斎…

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文538文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  3. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  5. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです