メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

寄贈

鎌足描いた掛け軸を 50年未開封、明神講メンバーが保管 桜井・談山神社で公開中 /奈良

修理された掛け軸「多武峰曼荼羅」を見る長岡宮司ら=奈良県桜井市の談山神社で、山本和良撮影

 桜井市慈恩寺の明神講のメンバーが、藤原鎌足をまつる談山神社(長岡千尋宮司)に、鎌足公らが描かれた安土桃山時代作とされる掛け軸「絹本著色 多武峰曼荼羅(まんだら)」を修理し、寄贈した。古美術品修復の藤岡光影堂(京都市)が修理を担当。1日から談山神社で特別公開している。

 明神講の西崎勝子さん(78)と谷川夫佐子さん(74)、山川恵美子さん(83)の3人が箱に入れて持…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文459文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴジラ、NASA研究チームが“星座”に認定 日本の怪獣では初
  2. 堺・弟殺害 父の搬送時、一緒にいた母親も昏睡状態
  3. セサミストリート ビッグバード着ぐるみの役者が引退
  4. 地面師事件 なりすまし容疑者 本人確認で「えと」間違う
  5. 横浜 日本に逆輸入 カナダ・トロントのラーメン店開業

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです