メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

寄贈

鎌足描いた掛け軸を 50年未開封、明神講メンバーが保管 桜井・談山神社で公開中 /奈良

修理された掛け軸「多武峰曼荼羅」を見る長岡宮司ら=奈良県桜井市の談山神社で、山本和良撮影

 桜井市慈恩寺の明神講のメンバーが、藤原鎌足をまつる談山神社(長岡千尋宮司)に、鎌足公らが描かれた安土桃山時代作とされる掛け軸「絹本著色 多武峰曼荼羅(まんだら)」を修理し、寄贈した。古美術品修復の藤岡光影堂(京都市)が修理を担当。1日から談山神社で特別公開している。

 明神講の西崎勝子さん(78)と谷川夫佐子さん(74)、山川恵美子さん(83)の3人が箱に入れて持…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文459文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で
  2. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  3. 三菱自動車岡崎の主戦・仲井 独特の投げ方武器に初登板飾る
  4. 「自分のスケート探す」 フィギュア・宇野、今季はメインコーチ不在に
  5. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです