メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

寄贈

鎌足描いた掛け軸を 50年未開封、明神講メンバーが保管 桜井・談山神社で公開中 /奈良

修理された掛け軸「多武峰曼荼羅」を見る長岡宮司ら=奈良県桜井市の談山神社で、山本和良撮影

 桜井市慈恩寺の明神講のメンバーが、藤原鎌足をまつる談山神社(長岡千尋宮司)に、鎌足公らが描かれた安土桃山時代作とされる掛け軸「絹本著色 多武峰曼荼羅(まんだら)」を修理し、寄贈した。古美術品修復の藤岡光影堂(京都市)が修理を担当。1日から談山神社で特別公開している。

 明神講の西崎勝子さん(78)と谷川夫佐子さん(74)、山川恵美子さん(83)の3人が箱に入れて持…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文459文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  4. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  5. 大阪震度6弱 携帯電話通じにくく コンビニで通信障害も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]