メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

解体

追いつめられた東芝/下 先進国、しぼむ原発市場 強まるメーカー再編論

 ゴルフのマスターズ・トーナメント開催地として知られる米南部ジョージア州オーガスタから車で約50分。平原に林立する巨大なクレーン群の背後に建設中の巨大な円筒状の原子炉が姿を現す。東芝の巨額損失の震源地となったボーグル原発だ。

 1979年のスリーマイル島原発事故後、米国の原発建設は30年間以上ストップしていたが、東芝子会社のウェスチングハウス(WH)は2012年、最新鋭の「AP1000」2基の工事に乗り出した。安全性と経済性の高さが売りで、11年の福島第1原発事故後にもかかわらず、米原子力規制委員会(NRC)は建設にゴーサインを出した。

 「AP1000は世界で最も進んだ原子炉だ」。WHの当時のロデリック社長兼最高経営責任者(CEO)は…

この記事は有料記事です。

残り954文字(全文1274文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  2. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  3. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存
  4. 対中制裁第3弾 日本企業困惑 生産拠点の中国離れ加速か
  5. みんなの広場 切り抜き読み返す「人間」=主婦・横井由美子・67

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです