メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

西谷浩一さん=2回目のセンバツ優勝を飾った大阪桐蔭の監督

西谷浩一(にしたに・こういち)さん(47)

 この10年で実に全国制覇5回。近年の高校球界で随一の実績に、「選手が先輩たちの残してくれた財産を引き継ぎ、頑張ってくれたおかげ。チームに日本一を目指す風土があり、『日本一』と毎日言い続けている」と説明する。

 コーチを経て1998年秋に監督に就任して以降(一時期退任)、教え子には西岡剛、藤浪晋太郎(以上阪神)、中田翔(日本ハム)ら名選手が多数おり、今も大勢の有望選手が大阪桐蔭の門をたたく。指導をするうえで心掛けているのは、部員全員に目を配ること。「43人の部員全員をレギュラーにはできない…

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文668文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐」の相葉雅紀さん 義援金6000万円、千葉県庁で目録手渡す

  2. 「台風接近で焦っていた」 スピード違反容疑で検挙の高知市長が釈明

  3. ORICON NEWS 嵐・松本潤、グループ命名秘話に20年越しで驚き「まじかよ!って」

  4. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  5. 「日本側の方が多様性と冷静さを失ってきている」 青木理氏と嫌韓の空気を考える

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです