メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

旧東独・秘密警察の爪痕(その2止) 世界最大級の監視網

旧東ドイツの青年団であった教会組織との決別集会で、怒りを爆発させた時の思い出を語るビーアマンさん=ベルリンで

 

 ◆人気歌手の旧東独追放でほころび

 ドイツの国民的英雄で歌手のボルフ・ビーアマンさん(80)は1936年11月、ドイツ北西部の港湾都市ハンブルクで生まれた。

 両親は熱心な共産党員だった。ユダヤ人の父はアウシュビッツ強制収容所で、反共主義でもあったナチスに殺される。

 <(文書発行)手数料無料>

 無機的なスタンプを押した一枚の書類で知らされた父の死は、父が愛した共産主義への強い傾倒をビーアマンさんにもたらした。

 第二次世界大戦後、ドイツが東西に分断され、共産主義を掲げる東ドイツ(49~90年)が誕生すると、4年後に単身で移住した。16歳だった。

この記事は有料記事です。

残り4028文字(全文4303文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 周庭氏を逮捕 民主活動家、「雨傘運動」学生リーダー 国安法違反容疑で香港警察

  2. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  3. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  4. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  5. 香港民主派リーダー周庭氏に有罪 「日本、世界の皆さんも注目してほしい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです