メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

井波律子・評 『ザ・ローリング・ストーンズ メイン・ストリートのならず者』=ビル・ヤノヴィッツ著

 (水声社・1944円)

輝き増すアルバム 原点回帰と出発

 ザ・ローリング・ストーンズはいうまでもなく、一九六〇年代前半から現在に至るまで半世紀以上にわたって、パワフルに活躍しつづける最強のロックバンドであり、七二年に発表されたアルバム「メイン・ストリートのならず者」は、現在ではストーンズの最高傑作の一つと目されている。「ロックの名盤!」シリーズの一冊である本書の著者ビル・ヤノヴィッツは、一九六六年アメリカ生まれ。ストーンズのメンバーより二十歳余り年下だが、このアルバムこそロック少年だった彼にとって、「世界の扉を開ける鍵であった」と述べているように、三十数年にわたりこれを聞き込んだ、年季の入った聞き手にほかならない。

 本書において彼は、当時のストーンズのメンバー、ミック・ジャガー、キース・リチャーズ、チャーリー・ワ…

この記事は有料記事です。

残り1099文字(全文1460文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  3. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  4. 集合住宅に女子高生の絞殺遺体 住人の男も首をつり死亡 兵庫県警

  5. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです