水中考古学

専門研究センター開設 元寇沈没船を保存活用

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
水中考古学研究センター前に展示された元寇船の復元模型を見る池田栄史教授=2017年4月1日、峰下喜之撮影
水中考古学研究センター前に展示された元寇船の復元模型を見る池田栄史教授=2017年4月1日、峰下喜之撮影

 長崎県松浦市は1日、鷹島にある市立埋蔵文化財センター内に水中考古学研究センターを開設した。鎌倉時代の元寇の船が見つかった鷹島海底遺跡の調査・研究などに当たる。市教育委員会によると、水中の遺跡を専門とする研究機関を自治体が設置するのは初めて。

 開所式には、市と協定を結んで元寇船を発見した琉球大法文学部の池田栄史教授ら約20人が参加。元寇船の40分の1復元模型(全長85センチ、全…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文477文字)

あわせて読みたい

注目の特集