メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ政権

シリア政策転換 アサド氏退陣よりIS打倒

 【ワシントン小泉大士】米トランプ政権が、シリアのアサド大統領の退陣よりも、過激派組織「イスラム国」(IS)の打倒を優先する政策への転換を鮮明にした。シリア内戦は6年が経過しているが、ロシアの支援でアサド政権が国内主要都市を奪回するなど勢力を回復しており、米国も現状追認に踏み切る可能性が強まっている。

 スパイサー米大統領報道官は3月31日の記者会見でシリア政策について「ISの打倒が最優先だ」と強調。…

この記事は有料記事です。

残り1048文字(全文1249文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  5. 韓国軍の竹島訓練に外務省抗議「あきれるほど無神経」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです