メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ政権

シリア政策転換 アサド氏退陣よりIS打倒

 【ワシントン小泉大士】米トランプ政権が、シリアのアサド大統領の退陣よりも、過激派組織「イスラム国」(IS)の打倒を優先する政策への転換を鮮明にした。シリア内戦は6年が経過しているが、ロシアの支援でアサド政権が国内主要都市を奪回するなど勢力を回復しており、米国も現状追認に踏み切る可能性が強まっている。

 スパイサー米大統領報道官は3月31日の記者会見でシリア政策について「ISの打倒が最優先だ」と強調。…

この記事は有料記事です。

残り1048文字(全文1249文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  2. ソチ五輪銅の平岡選手 ひき逃げ容疑で事情聴取 奈良県警

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです