メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ政権

シリア政策転換 アサド氏退陣よりIS打倒

 【ワシントン小泉大士】米トランプ政権が、シリアのアサド大統領の退陣よりも、過激派組織「イスラム国」(IS)の打倒を優先する政策への転換を鮮明にした。シリア内戦は6年が経過しているが、ロシアの支援でアサド政権が国内主要都市を奪回するなど勢力を回復しており、米国も現状追認に踏み切る可能性が強まっている。

 スパイサー米大統領報道官は3月31日の記者会見でシリア政策について「ISの打倒が最優先だ」と強調。トランプ政権としても「現実的な対応」を取る必要があると述べた。

この記事は有料記事です。

残り1017文字(全文1249文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小刻みに震える子猫 殺処分に立ち会った おおいた動物愛護センター

  2. 新型コロナ 感染女性は小学校の給食配膳員 北海道・江別市教委が発表

  3. クックパッドニュース お肉がほろほろ美味に!“舞茸パワー”で絶品おかず

  4. 米、日本への渡航警戒レベル引き上げ 新型コロナ感染拡大で 不要不急の旅行延期検討呼びかけ

  5. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです