メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

ネット通販急成長…「宅配ドライバーが足りない!」 便利さの裏に過重労働

宅急便は超高齢社会のインフラになれるのだろうか=コラージュ・深澤かんな

 宅配便のドライバーが悲鳴を上げている。増え続ける荷物をさばき切れず、パンク状態に陥っているというのだ。最大手のヤマト運輸はついに、荷物の受け入れを抑える対策に乗り出すことになった。便利で安価だと手軽に利用してきた宅配便。その異変から見えるものは何か。【宇田川恵】

 「朝6時半に出社して、夜9時まで走りっぱなし。昼飯なんてここ数年、食べた記憶がない」。首都圏で働く50代のドライバーは険しい表情で話す。同僚は40~60代の中高年ばかり。たまに20代の若者が入ってきても、すぐ辞めてしまう。「こんなきつい仕事なら当然……」。出るのはため息ばかりだ。

 ドライバーを苦しめている要因の一つは、ネット通販の急増だ。書店で在庫がない本でも、ネット注文なら翌日に届くこともある。配送料は条件次第では無料。商品はコンビニエンスストアでも受け取れる。こんな便利な買い物を使わない手はない。

この記事は有料記事です。

残り2253文字(全文2639文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  4. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

  5. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです