メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 湖国でのびのび過ごそう 福島の子ら、保養キャンプ 高島 /滋賀

みそ造りで大豆、米こうじ、塩をこねて丸めた団子をつぼに仕込む福島などからの子供たち=滋賀県高島市マキノ町で、塚原和俊撮影

 東日本大震災による東京電力福島第1原発事故で、放射能汚染の影響を懸念する家庭の子供たちに、湖国でのびのびと過ごしてもらう「びわこ☆1・2・3キャンプ」が今年も開かれ、福島県や関東からの小中学生ら42人が高島市で合宿形式の春休みを過ごしている。

 キャンプは大津市の藤本真生子さん(59)らボランティアの実行委が主催。高島市マキノ町にある私学の研修センターで3月25日に始まり、今月4日まで10泊11日の予定。

 1日にはみそ造りがあった。「ねっこ自然農園」を経営する大津市北比良、加藤大輔さん(40)の指導で、子供たちは煮た大豆、米こうじ、塩を交ぜ合わせてこね、団子に丸めてつぼに仕込んだ。約1年間発酵、熟成させてみそになる。このキャンプで使うみそは昨春に参加した子供たちが仕込んだものだ。

この記事は有料記事です。

残り176文字(全文520文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  5. 終活ナビ 年金受給75歳まで繰り下げがいい?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです