メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中野ヴィレッジハウス

蔵改築、交流の場オープン 空き家有効利用 東近江 /滋賀

改築され、明るい交流の場に変わった蔵の内部=滋賀県東近江市東中野町で、金子裕次郎撮影

 瓦屋根が続く東近江市東中野町の御代参(ごだいさん)街道沿いに2日、約200年の歴史を持つ蔵を改築したコミュニティースペース「中野ヴィレッジハウス」がオープンした。年代を感じさせる柱や梁(はり)に囲まれた約90平方メートルの内部には、カフェスペースや大型の薪(まき)ストーブなどが新設され、文化サークルの活動やミニコンサートなどにも利用できる。運営法人の西川勉代表理事(72)は「地域や年代を超えた交流の場になれば」と話している。

 東近江市が昨年秋に公募した「空家等活用モデル事業」の一環。蔵は15年前まで塩の貯蔵庫として使われて…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文549文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS 俳優・滝口幸広さん死去 34歳 共演者“仲間”たちが続々追悼「早すぎるって」

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 途上国の問題を体験・共感して 「すごく恥ずかしい」シースルートイレが登場

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです