びわこ虫

大量発生? 今月初旬までピーク 「迷惑昆虫」駆除は住民の自助努力 /滋賀

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「びわこ虫」と呼ばれるオオユスリカ=大津市で、大原一城撮影
「びわこ虫」と呼ばれるオオユスリカ=大津市で、大原一城撮影

 「びわこ虫」と呼ばれ、湖岸で春に発生するユスリカの数が今年、近年では突出して多いようだ。研究者らも「明らかに多い」と語り、水草や植物プランクトンの増減が一因とする見方もある。各自治体には「マンションで大量に出た」などの相談や苦情の電話もあるが、「害虫」とまでは言えないため、駆除は住民の自助努力になりそうだ。【大原一城】

 琵琶湖底で幼虫期を過ごすハエ目のオオユスリカで成虫は体長1センチ前後。3~4月に蚊柱を作って飛び回るのは湖岸の風物詩にもなっている。

この記事は有料記事です。

残り659文字(全文887文字)

あわせて読みたい

注目の特集