メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地域力・支えあう和歌山

すさみ町・魅来づくり/上 豊富な資源生かす /和歌山

NPO法人「魅来づくりわかやま」の事務所には理事長、朝本紀夫さんが釣った「クロカワカジキ」の魚拓が飾られている=和歌山県すさみ町周参見で、桜井由紀治撮影

カツオ、抵抗乗り越えブランド化

 紀伊半島のほぼ南端に位置するすさみ町は、沖合を流れる黒潮の影響で豊富な水産資源に恵まれる。NPO法人「魅来(みらい)づくりわかやま」は、この海と資源を生かした地域活性化に取り組んできた。

 同町周参見の同NPO事務所には、理事長の朝本紀夫さん(74)が釣り上げた「クロカワカジキ」の魚拓が飾られている。全長2メートル90センチ、重さ106キロ。朝本さんは「もっと大物を釣った人たちはたくさんいますよ」と笑う。

 朝本さんは餌を使わないルアーフィッシングに着目。1993年、観光客らに体験釣りを楽しんでもらう「マ…

この記事は有料記事です。

残り1067文字(全文1336文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  2. 札幌爆発事故 割れた窓、募る寒さ 本格復旧は来年へ
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  5. ニッポンへの発言 キーワード 「高輪ゲートウェイ」化するニッポン=中森明夫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです