メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コンサート

20種類の音色楽しむ 120人集う 鳥取 /鳥取

笠井尚貴さん(右)の演奏に合わせてマラカスを振る子どもたち=鳥取市で、園部仁史撮影

 鳥取市西町3のわらべ館で2日、打楽器や手回しオルガンなど約20種類の国内外の楽器を使うコンサートが開かれた。集まった約120人の市民らは、楽器が奏でる美しい音色に聴き入った。

 札幌を拠点に活動する演奏家、笠井尚貴さん(57)が昨年10月の地震で被害にあった鳥取を元気づけようと、倉吉市などで演奏する…

この記事は有料記事です。

残り193文字(全文343文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未解明だった数学の超難問「ABC予想」を証明 京大の望月教授 斬新・難解で査読に8年

  2. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  3. 新型コロナ感染、福岡市の女性死亡 九州の感染者で初

  4. 新型コロナ 県内感染者「3次」含む8人に 富山のケアマネら 氷見の職安、当面閉庁 /富山

  5. 石川の路線バス男性運転手が感染 金沢や野々市で3日に403便運休へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです