メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週のおすすめ紙面 ストーリー/くらしナビ/論点

 ◆ストーリー

    ドイツ統一後も続く苦悩 9日・日曜日 1面、ストーリー面

     ベルリン支局・中西啓介記者による旧東ドイツの秘密警察「シュタージ」ルポの後編です。シュタージの解体後、総延長111キロ超に及ぶ膨大な内部文書が市民に開示されるようになりました。これで自分の夫がシュタージのスパイだったことを初めて知り、家庭崩壊に追い込まれたケースも出ています。ドイツ統一後もなお続く関係者の苦悩を描きます。

     ◆くらしナビ

    親ありて・辻井伸行さんの母 5日・水曜日 くらしナビ面

     生まれつき全盲のピアニスト、辻井伸行さん(28)は2歳で母いつ子さん(56)の歌声に合わせてピアノを弾き始めました。常に意欲的で、幼いころから才能を開花させ、国際的に活躍する伸行さん。そばには、いつも自然体で行動するいつ子さんがいました。「子育てを通じて、努力すれば夢はかなうと教えられた」と語るいつ子さんに、話を聞きました。

     ◆論点

    離婚後の親子面会交流 7日・金曜日 オピニオン面

     婚姻件数と離婚件数の比較から3組に1組が離婚すると言われる時代、離婚した親と子どもの面会交流のあり方が議論を呼んでいます。離婚後の別居親と子の面会交流を促す「親子断絶防止法案」が国会で議論されようとしています。一方で、DV被害者への配慮がないと法制化を懸念する声も上がります。その議論はまた、「家族とはなにか」を問うているようです。


     掲載日や内容は変更することがあります。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 韓国 アイドルの犬にかまれ死亡 有名料理店の女性経営者
    2. 衆院選 午後2時現在の投票率21.83% 前回下回る
    3. 淫行 容疑で都立高英語助手を逮捕 6年前類似事件、都教委「把握せず」
    4. 衆院選 午後4時現在の投票率26.30% 前回下回る
    5. 特集ワイド 衆院選 投票すべきか迷うあなたに 棄権は危険 「抗議の白票」は逆効果

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]