メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらく

育休中の就労、労使に利点

ネット回線を使って奈良県で働く社員の津村真吾さんと打ち合わせをする田澤由利社長=東京都千代田区のテレワークマネジメントで

 <くらしナビ ライフスタイル>

 「育児休業中の就労」が労使双方から注目されている。無理のない範囲で働いてみることで、スムーズに職場復帰ができ、事業者側は、育児休業取得者が増えても、繁忙期に活用すれば休業の影響を抑えられる。テレワークの普及で在宅就労がしやすくなり、育児休業給付金の支給要件が緩和されたことも背景にあるようだ。

この記事は有料記事です。

残り1647文字(全文1810文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  2. 網戸のひもで6歳死亡、YKK APを提訴 「欠陥」首に絡まり 大阪地裁

  3. 西村担当相の正月休み延長要請が自民に波紋 「解散戦略に影響」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. 特集ワイド コロナ禍登場、西村氏とは 目立ちたがり屋 官僚出身、言動は軽率? 総裁選意欲 「お友達」で抜てき?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです