海自護衛艦

空母型「かが」、呉基地に初入港

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 先月就役した海上自衛隊艦船で最大の「空母型」ヘリコプター搭載護衛艦「かが」(基準排水量1万9500トン)が3日、配備先の海上自衛隊呉基地(広島県呉市)に初めて入港した。

 基地内の岸壁では午前9時半ごろ、隊員や乗員の家族、海自OBら約300人が出迎え、艦長の遠藤昭彦1等海佐ら乗員約470人が次々と下…

この記事は有料記事です。

残り58文字(全文208文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集