新高校生

虐待、非行越え合格 17歳、夢は教師

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
少年院を出て、働きながら高校に合格した少年。合格発表を見に行った際の切符の領収書を大切に持っている=大阪府内で森園道子撮影(一部画像を処理しています)
少年院を出て、働きながら高校に合格した少年。合格発表を見に行った際の切符の領収書を大切に持っている=大阪府内で森園道子撮影(一部画像を処理しています)

 親からの虐待や貧困を乗り越え、4月から高校生として新たな一歩を踏み出す17歳の少年がいる。生まれた時から施設を転々とし、非行に走った。少年院にも入ったが、親身に更生を手助けしてくれる大人たちと出会い、教師になるという夢ができた。「過去は変えられないけど、未来は変えられる」。自分と同じ境遇にいる子どもたちに、そう教えてあげたいから。

 「僕は捨てられた」。そう思って生きてきた。母親は大阪府内の自宅にいたが、物心ついた時には児童養護施設にいた。父の顔は知らない。いくつも施設を移り、自宅に帰るのは年に数回。母が作ってくれた鍋のぬくもりを、今も覚えている。

この記事は有料記事です。

残り1233文字(全文1510文字)

あわせて読みたい

ニュース特集