メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ミャンマー

文民政権1年 難民処遇、解決遠く

タムヒン難民キャンプわきの農園の小屋で、仲間の家族と休憩するジェレポーさん(左)=2017年3月26日午後、西脇真一撮影

 ミャンマーで文民政権が発足して3月30日で1年が過ぎた。国内外から政権の改革は期待されているが、解決を見通せない課題もある。タイに住むミャンマー難民の処遇もその一つ。国軍と少数民族武装勢力との戦闘や旧軍事政権による強制移住などを逃れて来た人々だが、ミャンマー政府と武装勢力との完全和平は道半ば。定住先を見つけるのは次第に困難になり、支援も減少傾向にある。彼らの間には、将来の展望の無さから重苦しい雰囲気が漂っていた。【スワンプン(タイ中部)で西脇真一】

 タイで最初のミャンマー難民のキャンプができたのは1984年。今では国境沿いの山中に計9カ所あり、約…

この記事は有料記事です。

残り1544文字(全文1821文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  4. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです