高校選抜ラグビー

佐賀工、秘策「13人モール」で金星

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
後半31分、佐賀工のCTB矢野(右)が中央にトライし東海大仰星を突き放す=埼玉県熊谷市で2017年4月2日午後1時22分、大谷津統一撮影
後半31分、佐賀工のCTB矢野(右)が中央にトライし東海大仰星を突き放す=埼玉県熊谷市で2017年4月2日午後1時22分、大谷津統一撮影

15年大会覇者で昨年度の花園準優勝・東海大仰星に逆転勝ち

 文字通りの全員攻撃で佐賀工(佐賀)が殊勲の勝利を手にした。第18回全国高校選抜ラグビー大会(毎日新聞社など後援)は第3日の2日、埼玉・熊谷ラグビー場などで予選リーグ16試合があり、佐賀工が2015年大会覇者で昨年度の花園準優勝・東海大仰星(大阪)に22-12で逆転勝ちした。7点を追う後半17分。ラインアウトからモールをつくり、バックスが次々と加わった。13人の大集団で東海大仰星を押し込み、左隅にトラ…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文577文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集