メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
特集ワイド

声がでなけりゃミイラ 歌丸さん、病気すら笑いに

 あれからずっと、日曜の夕暮れ時になると「歌丸ロス症候群」が続いている。「笑点」の大喜利司会を降り、もうすぐ1年になる。その桂歌丸さんが今、酸素吸入器を付けて高座に上がっていると聞いた。楽屋を訪れると、複雑な胸の内を明かしてくれた。【鈴木梢】

 「私の鼻の周りがキラキラ光っている。歌丸、水っぱな垂らしているんじゃないかとお思いでしょうが、実は酸素吸入の管が入っておりまして。はいえん(大変)な騒ぎでございます。これ、私の言うしゃれじゃない。黄色いラーメン屋の言うしゃれです」

 3月下旬、東京・日本橋の三越劇場。高座に上がった歌丸さんは居住まいを正すと、林家木久扇さんに触れな…

この記事は有料記事です。

残り2684文字(全文2971文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

  5. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです