メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

声がでなけりゃミイラ 歌丸さん、病気すら笑いに

 あれからずっと、日曜の夕暮れ時になると「歌丸ロス症候群」が続いている。「笑点」の大喜利司会を降り、もうすぐ1年になる。その桂歌丸さんが今、酸素吸入器を付けて高座に上がっていると聞いた。楽屋を訪れると、複雑な胸の内を明かしてくれた。【鈴木梢】

 「私の鼻の周りがキラキラ光っている。歌丸、水っぱな垂らしているんじゃないかとお思いでしょうが、実は酸素吸入の管が入っておりまして。はいえん(大変)な騒ぎでございます。これ、私の言うしゃれじゃない。黄色いラーメン屋の言うしゃれです」

 3月下旬、東京・日本橋の三越劇場。高座に上がった歌丸さんは居住まいを正すと、林家木久扇さんに触れながら自らの病状を語った。さらに、こう続けて客席の笑いを誘った。「お見苦しい姿をご覧に入れて、どうか世間には内緒にしておいてください」。いや、全国の歌丸ファンのため、秘密にしておけるわけがない。今年初めに、肺炎のため入院。治って退院はしたものの、息を吸うのも苦しいという。

この記事は有料記事です。

残り2549文字(全文2971文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

  5. CAEBV 娘奪った病気知って 感染判明まで1年超 声優・松来さんの両親、難病指定訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです