メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音楽

新国立劇場《ルチア》 ひとときの異次元=評・大木正純

 新国立劇場の新制作、ドニゼッティ《ルチア》が好評と聞いて、遅まきながら楽日も近い3月23日の公演に駆けつけた。なるほどこれは大成功の部類に入るだろう。ベル・カント・オペラの難関をこれだけ高い水準でクリアするのは並大抵なことではない。

 第一にイタリアから招いた指揮者ジャンパオロ・ビザンティの功績が大だ。オーケストラ(東京フィル)を存分に歌わせて歌に溺れず、劇的な起伏と切れの良いリードで壮大な悲劇を引き締めた。モンテカルロ歌劇場総監督ジャン=ルイ・グリンダによる演出も、荒涼たる北の海の映像や美しい舞台装置をバックに、古典劇としての格調を重んじた点に好感が持てる。演技にこまやかな配慮をゆきわたらせつつ、一方では名高い六重唱を、…

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文788文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 中央省庁 障害者雇用、水増しか 42年間 政府調査開始
  3. 宮内庁 永久保存の公文書1冊が所在不明
  4. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  5. 障害者雇用 2省、水増し認める 国交、総務 手帳ない職員も算入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです