メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

損賠訴訟

「脳手術は妥当」原告の請求棄却 地裁高崎支部判決 /群馬

 脳腫瘍の摘出手術後に植物状態になったのは医療ミスだったとして、高崎市の女性の両親が、埼玉医科大(埼玉県毛呂山町)を相手取り、損害賠償を求めた訴訟で、前橋地裁高崎支部(岩坪朗彦裁判長)は3月30日、「手術方法は妥当で、医師に注意義務違反は認められない」として、原告の請求を棄却する判決を言い渡した。

 判決によると、女性は19歳だった200…

この記事は有料記事です。

残り113文字(全文282文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  4. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  5. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです