メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コミュニティナース

地域密着し住民支援 女性3人を任命 綾部市 /京都

コミュニティナースとして京都府綾部市で活動する(左から)佐藤春華さん、鍋島野乃花さん、松村利香さんの3人=同市役所で、佐藤孝治撮影

 綾部市は3日、地域おこし協力隊として受け入れた看護師資格を持つ女性3人に任命書を交付した。嘱託職員の資格で、地域に密着して住民の健康づくりやまちづくりを支援する「コミュニティナース」の活動をする。

 コミュニティナースを育成する東京の企画会社「ボノ」によると、活動の先進例として島根県雲南市で民間会社による実績はあるが、定住促進策の一環として自治体が本格的に取り入れるのは綾部市が初めてという。市は昨年度、ボノ…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文513文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  3. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  4. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入
  5. WEB CARTOP 高速道路が渋滞していても一般道に降りないほうがいいワケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです