連載

患者塾

体の不調やさまざまな病気について、福岡県内の開業医が解説や対処のアドバイスをします。

連載一覧

患者塾

医療の疑問にやさしく答える 肩が痛い(その2)/中 /福岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ■今回のテーマ 肩が痛い(その2)

 「肩が痛い」をテーマに2月25日、福岡県水巻町の遠賀中間医師会館で開かれた第207回患者塾。手術を受ける判断や湿布の使い分けについて、専門家が分かりやすく話した。

 ◆北九州市の女性(45)

 半年たっても良くならず受診したら「腱(けん)板断裂」と言われました。痛み止めの注射とリハビリでかなり楽になりましたが、力が入らず手を上げられません。医師から「手術した方がいい」と言われました。

この記事は有料記事です。

残り1265文字(全文1475文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集