メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「備え」は今

熊本地震1年/上 車中泊対策 行政、手探りの支援 官民連携で情報を提供

大勢の人たちが車中泊する「グランメッセ熊本」で車から降りて大きく伸びをする男性=熊本県益城町で2016年4月20日午前6時16分、久保玲撮影

 観測史上初めて最大震度7を2回記録し、強い余震が続いた熊本地震をきっかけに、全国の自治体が防災対策を変えた。熊本では建物倒壊を恐れて車中泊する避難者が続出し、行政は状況を把握できず、避難所外の被災者への食料などの物資配布や医療ケアが遅れた。車中泊者の総数など全容は今も不明だ。熊本地震から1年に合わせて毎日新聞は都道府県アンケートを実施した。その結果、熊本のケースを教訓に36道府県が車中泊対策を「見直した」か「見直し予定」と回答した。

 「支援物資も炊き出し情報も得られず、職場にあった食材でしのいだ」。熊本地震で熊本県益城(ましき)町…

この記事は有料記事です。

残り1093文字(全文1362文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」
  2. 競馬 菜七子“伝説V”へ! JRA女性騎手初G1で決める(スポニチ)
  3. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  4. マルクスの墓、また荒らされる 「憎悪の教え」落書き
  5. スキー客2人が行方不明 新潟・湯沢町

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです