メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

在日米軍再編

辺野古移設 辺野古沿岸で国が作業 岩礁破砕許可、期限切れ後初

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画を巡り、政府は3日、海の埋め立てに必要な県の岩礁破砕許可が先月31日で期限切れとなってから初めて海上で作業を実施した。これに対し、県は3日も周辺海域に漁業取り締まり船を出して岩礁破砕行為がされていないか確認に当たるなど緊張が高まっている。

 政府は地元漁協が漁業権を放棄したことを理由に「許可は必要ない」として4月以降も工事を続ける方針を示…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文468文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  4. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  5. 札幌開催なら「オール北海道で整える」 五輪マラソン検討で知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです