連載

アクセス

あらゆるジャンルの旬の話題を一味違う切り口で取り上げます。

連載一覧

アクセス

堅実な継承へ退位 特例法整備し実施 先例のスペイン王室、国王きょう来日

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
2008年11月の来日時、歓迎行事で天皇、皇后両陛下、皇太子ご夫妻と歩くフアン・カルロス1世前国王(左)=皇居で、長谷川直亮撮影
2008年11月の来日時、歓迎行事で天皇、皇后両陛下、皇太子ご夫妻と歩くフアン・カルロス1世前国王(左)=皇居で、長谷川直亮撮影

 <access>

 スペイン国王フェリペ6世(49)夫妻が4日、国賓として来日する。国王は2014年、父のフアン・カルロス1世(79)の退位に伴い即位した。日本政府は天皇陛下の退位に関する特例法案の検討を進めており、特例法を整備したスペインの事例も参考にしている。いったいどんな経緯だったのか。【佐藤丈一、パリ賀有勇】

 フェリペ6世は皇太子時代の1992年、バルセロナ五輪のヨット競技に出場したスポーツマン。04年にニュースキャスターだったレティシア王妃(44)と結婚し、13年の「日本スペイン交流400周年」で皇太子さまと名誉総裁を務めた。王室予算の削減や会計監査の導入など改革を進め、「現代社会の潮流に合わせて王室を変化させた」(スペイン紙エルムンド)と高い支持を受けている。

この記事は有料記事です。

残り675文字(全文1015文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集