新幹線通勤補助

増える 沿線自治体、流出防止や移住促進

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
新幹線通勤の補助制度がある主な自治体
新幹線通勤の補助制度がある主な自治体

 仕事は都会で、住まいは地方で--。若者が地元から流出するのを防いだり、都会からの移住者を増やしたりして人口減少に歯止めをかけようと、新幹線通勤代の補助制度を導入する自治体が増えている。

 新潟県湯沢町は2016年8月、新幹線通勤補助制度をスタートした。制度の開始以降に湯沢町に住宅を購入して移住した人と、以前に町内に15年以上住んだことがあり、再度転入する人を対象に、新幹線定期代と勤務先が支給する通勤手当の差額の半額を、月額5万円を上限に補助する。補助期間は10年間に設定している。

 湯沢町は移住促進を進めており、県外で仕事を続ける人もターゲットにした。企画政策課の担当者は「転職せずに移住を望む人のニーズに応えたかった」という。

この記事は有料記事です。

残り817文字(全文1133文字)

あわせて読みたい

注目の特集