メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
WEB CARTOP

なぜ新型ホンダNSXはトランスミッションに9速DCTを採用したのか

情報提供:カートップ

ローとトップのギヤ比を決定してその間を分割すると最適な段数が9速

 トランスミッションは横置きでの開発時はレジェンド用をベースにした7DCTだったが、縦置きに決定してからはNSX専用設計の9速DCTを新規に開発。

  

 DCTとしては世界最高段数を誇り、スポーツドライビングでのダイレクト感ある走りとギヤ比のつながりの良さだけでなく、市街地やハイウェイでの快適性も兼ね備えた理想のトランスミッションを目指して作られた。

 発進加速、変速のつながり、パワーバンドの維持、最高速、クルージングの静粛性や燃費など、どのような領域や性能にも不足がない全域ベストのレシオを実現するための段数だ。

 なぜ9速であるか。その求め方は、ローとトップの理想的なギヤ比を求め、そこを分割したときに最適となる段数は7段であるという結論に至ったという。

 つまり、ローギヤは発進加速度を最大限に得られるギヤ比であり、トップの9速はハイウェイでの静かなクルーズを行えるギヤ比としている。2〜8速はパワーピークゾーンをキープできるクロスレシオで、最高速の307㎞/hは8速で発揮する設定となっている。ちなみに、9速100㎞/hでのエンジン回転数は約1700rpmというものだ。

 9DCTの基本構造は、前進段が3軸構造でリバースやファイナルギヤは別軸となる。エンジンのフライホイールの直後にはドライブシャフトが通されており、そこをまたいでクラッチが配置される。

 クラッチより後方はリヤドライブシャフトの後方となるので、リヤオーバーハングを短縮するためにDCT自体の全長も短縮。

 縦置きになったからといってスペースに余裕ができたのではなく、リヤモーターがあるだけ、むしろ制約が厳しいなかでのパッケージングがなされている。


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

  3. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  4. 「明治フルーツ」販売終了 60年の歴史に幕

  5. 「トランプ公式プラ製ストロー」販売開始 ロゴ入り10本で1600円 「紙」に対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです