メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人・かお・トーク

県原水爆被爆者の会(甲友会)会長 焼広和欣さん /山梨

被爆体験語り継いで 焼広和欣さん(56)

 --被爆2世で初めて会長に就任されました。関わるようになったきっかけを教えてください。

 ◆2013年ごろ、会社の同僚を通じ、元会長の中島辰和事務局長(82)と知り合ったことがきっかけです。少しずつ会の活動に参加し始め、15年4月の理事会で中島事務局長に「(会のメンバーが)高齢化しており、会長をお願いしたい」と言われました。一度はお断りしましたが、中島事務局長の強い思いに、引き受けることを決めました。

 --活動をされるまでは被爆2世として意識されることはありましたか。

この記事は有料記事です。

残り1271文字(全文1527文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
  2. 事件の30分後、現場近くの住宅街で複数の住民「大きな破裂音聞いた」 交番襲撃
  3. 逮捕の男、名前以外黙秘 山中の防犯カメラに似た姿 ベンチで横たわる 交番襲撃 
  4. 刺された古瀬巡査、高校時代はラガーマン 佐賀工ウイングで花園出場も 交番襲撃
  5. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです