メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近影遠影

高橋一清・あの日あの人/94 大岡昇平 「成城だより」で元気取り戻す /島根

 桜の頃になると、大岡昇平さんを訪ねた日を思い出す。昭和49(1974)年4月、小田急線成城学園前駅を降り、1キロほど桜並木の道を北へ向かう。花のトンネルを抜け、右に曲がった所に大岡さんは住んでいた。

 歴史小説をめぐり書いた文章を一册の本にまとめるにあたり、その総集篇「歴史小説の問題」を「文學界」に書いていただく打ち合わせであった。論争好きで怖い作家との思いがあった。しかし、右眼白内障の手術を受け、眼帯をした大岡さんと向かい合うと、ただただ同情し守ってあげたいと思うのだった。

 旬日(じゅんじつ)して、いただいた原稿は、桝目(ますめ)に文字が納まっているのはわずかで、行間や余白に細かな字で夥(おびただ)しい書き込みがなされていた。そのまま印刷所に回すわけにいかず、原稿用紙に清書した。それは、後の入稿でも繰り返されることとなる。

この記事は有料記事です。

残り976文字(全文1343文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 非接触で商品受け取り 「新様式」イオン開業 埼玉・上尾に4日

  2. 独で歩行者に車突っ込み乳児含む5人死亡 飲酒運転の容疑者逮捕

  3. 降灰対策に本腰 富士山大噴火想定 回収方法など検討 山梨・富士吉田市

  4. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです