メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外最高裁、大崎事件の92歳女性の再審認めず
豊島の産廃問題

搬出完了から1週間 重機の音が消えた /香川

豊島を出る産廃の専用輸送船「太陽」の最終便(手前)=香川県土庄町で2017年3月28日、本社ヘリから幾島健太郎撮影

 土庄町の豊島に不法投棄された約90トンもの産業廃棄物が撤去された。住民との公害調停(2000年)に基づき、県による搬出作業は3月末の期限を前に急ピッチで進められた。産廃を運ぶ専用輸送船「太陽」の最終便が出てから1週間。4日に豊島を訪れると、静かな島の姿が広がっていた。

 不法投棄された現場へ行くと、「ガー」という音を立てて動いていた重機やトラックはなく、現場にあった鉄板を洗浄する作業が進められていた。役目を終えた産廃の中間保管・梱包(こんぽう)…

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文560文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検
  2. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. WEB CARTOP 制限速度135km/hオーバーで逮捕の会社員! 果たして罰則はどうなる?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです