メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豊島の産廃問題

搬出完了から1週間 重機の音が消えた /香川

豊島を出る産廃の専用輸送船「太陽」の最終便(手前)=香川県土庄町で2017年3月28日、本社ヘリから幾島健太郎撮影

 土庄町の豊島に不法投棄された約90トンもの産業廃棄物が撤去された。住民との公害調停(2000年)に基づき、県による搬出作業は3月末の期限を前に急ピッチで進められた。産廃を運ぶ専用輸送船「太陽」の最終便が出てから1週間。4日に豊島を訪れると、静かな島の姿が広がっていた。

 不法投棄された現場へ行くと、「ガー」という音を立てて動いていた重機やトラックはなく、現場にあった鉄板を洗浄する作業が進められていた。役目を終えた産廃の中間保管・梱包(こんぽう)…

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文560文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです