メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2017

豊洲百条委、喚問終了 「水面下」は闇の中 移転交渉「浜渦氏が全権」

 東京都の豊洲市場(江東区)への移転問題を巡る都議会調査特別委員会(百条委員会)は、4日に元都幹部3人が出頭し、予定されていた証人喚問が終了した。計5日間で24人を喚問し、提出された資料は350点以上。石原慎太郎元知事が移転決定に関与したことは明らかになったものの、浜渦(はまうず)武生元副知事と東京ガスとの「水面下の交渉」など主な疑問は未解明のまま残された。

 百条委の焦点は、土壌汚染がある豊洲用地への移転を進めた経緯▽東ガスとの「水面下の交渉」▽土壌汚染対策費が858億円に膨らんだにもかかわらず東ガスの負担を78億円にとどめ瑕疵(かし)担保責任(将来の費用負担)を免除した妥当性▽石原氏の関与--だった。

この記事は有料記事です。

残り1954文字(全文2259文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. 新型コロナ サッカーJ1鳥栖、10人感染

  3. ヒツジ250頭でアマビエ 千葉・マザー牧場でイベント

  4. ポスト安倍に挙がる3人の「外相」 首相の座は誰に 個性それぞれ

  5. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです