メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

将棋の「振り飛車党」って?=回答・最上聡

 なるほドリ 先月、復位(ふくい)を果たした将棋棋士の久保利明(くぼとしあき)王将(おうしょう)(41)は「振(ふ)り飛車党(びしゃとう)」なんだってね。それって何のことなのかな?

 記者 将棋の戦い方は大きく「居飛車(いびしゃ)」と「振り飛車」に分かれます。最も威力が大きい駒「飛車」を、最初の位置からあまり動かさずに戦うのが居飛車、早い段階で大きく横に動かして戦うのが振り飛車です。振り飛車をよく採用する棋士が振り飛車党と呼ばれます。双方共に居飛車で戦う将棋が「相居飛車(あいいびしゃ)」、互いに振り飛車で戦う将棋が「相振(あいふ)り飛車(びしゃ)」、居飛車と振り飛車の将棋が「対抗型」です。ともに昔から指されており、江戸時代初期に一世名人大橋…

この記事は有料記事です。

残り485文字(全文808文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  2. 政府、収入減世帯に30万円給付へ 7日にも閣議決定

  3. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

  4. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  5. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです