メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

将棋の「振り飛車党」って?=回答・最上聡

飛車を横に動かす 反撃狙いの戦法

 なるほドリ 先月、復位(ふくい)を果たした将棋棋士の久保利明(くぼとしあき)王将(おうしょう)(41)は「振(ふ)り飛車党(びしゃとう)」なんだってね。それって何のことなのかな?

 記者 将棋の戦い方は大きく「居飛車(いびしゃ)」と「振り飛車」に分かれます。最も威力が大きい駒「飛車」を、最初の位置からあまり動かさずに戦うのが居飛車、早い段階で大きく横に動かして戦うのが振り飛車です。振り飛車をよく採用する棋士が振り飛車党と呼ばれます。双方共に居飛車で戦う将棋が「相居飛車(あいいびしゃ)」、互いに振り飛車で戦う将棋が「相振(あいふ)り飛車(びしゃ)」、居飛車と振り飛車の将棋が「対抗型」です。ともに昔から指されて…

この記事は有料記事です。

残り485文字(全文808文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 明治神宮の倉庫全焼、放火容疑で男逮捕 「ライターで火つけた」容疑認める

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  4. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  5. ひき逃げの女に「逃げろ」 同乗の男、初公判に現れ御用 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです