メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森友学園

施工業者が提訴…小学校建設未払い金4億円求め

大阪地裁に入る藤原工業の藤原浩一社長(手前右)と弁護士ら=大阪市北区で2017年4月5日午前9時59分、三浦博之撮影

 学校法人「森友学園」(大阪市)から旧国有地での小学校建設を受注した「藤原工業」(大阪府吹田市)が5日、未払いの工事代金約4億円の支払いを学園に求める訴えを大阪地裁に起こした。小学校建設を巡る一連の問題で、学園側が提訴されたのは初めて。

 訴状によると、同社は2015年12月、大阪府豊中市の国有地(当時)に、小学校を15億5520万円で建設する契約を学園と結んだ。その後、地中に大量の廃棄物があることが判明。土壌対策工事などで、費用は総額20億円以上になる見通しだ。

 学園は3月10日、府に提出していた学校設置認可申請を取り下げたが、開校予定だった4月を前に、ほぼ校…

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文584文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  3. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  4. 四国から東日本、23日にかけて大雨の恐れ 台風20号接近 警戒呼び掛け

  5. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです