メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食品輸入規制

なお33カ国・地域 強硬な中国、その訳は

北京で開かれた日本食品の展示商談会。加工食品のほか、わさびや日本酒など豊富な商品が並び、大勢のバイヤーでにぎわった=中国・北京市で2017年3月30日、赤間清広撮影

東電福島原発事故後から6年以上が経過したが…

 2011年に発生した東京電力福島第1原発事故後から6年以上が経過したが、いまだ33カ国・地域が福島県産を中心にした食品の輸入規制を続けている。日本政府は「科学的に安全が確認されている」と規制緩和を訴え、日本食品の人気が高い国もある。だが各国政府の過剰反応に加え、政治的な思惑もあり動きが鈍いのが実情だ。【寺田剛、北京・赤間清広】

 33カ国・地域の中で最も厳しい規制を続けている国の一つが中国だ。福島に加え、原発から離れた東京、長…

この記事は有料記事です。

残り1132文字(全文1369文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  2. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  3. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

  4. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

  5. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです