メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
シリア

化学兵器の空爆で58人死亡 実行主体は不明

ハンシャイフンの位置

反体制派、アサド政権軍かロシア軍による攻撃と主張

 【カイロ篠田航一、ブリュッセル八田浩輔】在英の民間団体「シリア人権観測所」によると、シリア北部イドリブ県のハンシャイフンで4日、化学兵器を使ったとみられる空爆があり、少なくとも11人の子供を含む58人が死亡、160人が負傷した。今年シリアで発生した化学兵器使用が疑われる攻撃で最大級の民間人の死傷数となった。

 現地を支配する反体制派はアサド政権軍かロシア軍による攻撃だと主張。AP通信などによるとシリア軍関係…

この記事は有料記事です。

残り611文字(全文840文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  2. サンデー毎日発 全国240大学・実就職率ランキング 学生の将来にも責任を持つ就職支援力が高い大学は?

  3. 福島・広野産の「奇跡のバナナ」初収穫 9月下旬から売り出し

  4. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  5. 全日空機で揺れ 乗客1人骨折 乗務員ら3人けが 15日の羽田発北京行き

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです