メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

道徳教科書検定

「パン屋」怒り収まらず

 パン屋は「国や郷土を愛する態度」にそぐわないのか。来年春から小学生が教科として学ぶ道徳を巡り、ある教科書の記述が文部科学省の検定意見を踏まえ「パン屋」から「お菓子屋」に変わった。「学校給食で協力してきたのに、裏切られた」。パン屋さんたちの怒りが収まらない。

 このニュースが世の中を駆け巡った3月24日以降、インターネット上では「パン屋は非国民か」「あぜんとする」「フェイクニュースかと思った」などと盛り上がっている。

 記述が変わったのは東京書籍(東京都北区)の小1向け教科書に載る題材「にちようびの さんぽみち」。祖…

この記事は有料記事です。

残り1579文字(全文1838文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強制わいせつ 容疑でTOKIOの山口メンバーを書類送検
  2. 山口メンバー書類送検 各テレビ局、出演番組を差し替え
  3. 近鉄 橋梁上の線路ゆがむ 再開めど立たず 南大阪線
  4. 警視庁 仮面ライダー俳優を再逮捕 強制わいせつ未遂容疑
  5. 新潟知事辞任 「中年男性がのぼせたということ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]