メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

よくわかるニュース

3月のニュースファイル(2017年5月号より)

4月の開校を目ざしていた森友学園「瑞穂の国記念小学院」の校舎=大阪府豊中市で2月27日

[PR]

■特別扱いの疑惑が次々

■森友学園小学校、開校できず

 大阪府豊中市の国の土地を買って小学校を建設していた学校法人「森友学園」は3月10日、小学校の設置認可の申請を取り下げました。4月の開校を目ざして工事は進められていましたが、開校はできなくなりました。土地の購入や、認可の審査で国や大阪府などに特別扱いを受けていた疑惑など、次々問題が明らかになり、国会は23日、籠池泰典理事長に対する証人喚問を行いました。

 学園は2014年10月、小学校をつくる認可を大阪府に申請しました。審査基準で必要な条件が整っていないのに大阪府の審議会は「認可適当」と判断しました。

 また、価値は9億5600万円とされた、国の土地を、格段に安い1億3400万円で買っていました。地中から見つかったゴミの撤去費用分が値下げされたそうです。

 証人喚問で籠池理事長は、首相夫人の安倍昭恵さんから「100万円の寄付を受けた」と証言しました。首相はそれを否定しています。また、小学校の名誉校長に昭恵さんが一時なっていたと国の役人に伝えたことを明らかにしました。

■教育内容にも疑問の声

 森友学園は大阪市で幼稚園を運営していますが、教育内容にも問題がありそうです。運動会の宣誓で、園児に「安倍首相がんばれ」などと発言させていました。学校や幼稚園は特別な政党を応援するなど政治的にかたよることのないよう法律で定められています。

★キーワード「証人喚問」

証人を呼び出し問いただすこと。うそをつくと罪に問われる。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  3. 政府方針一転 河野氏「UFOに遭遇したら」発言のワケ 宇宙作戦隊も発足

  4. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  5. 学術会議 任命拒否の6人が初めて共に訴えた菅首相への「胸の内」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです