マンション管理

防災対策や民泊対応 都がガイドライン改定 /東京

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 都はマンション管理の指針を示した「マンション管理ガイドライン」を改定した。防災対策や災害発生時のルール整備などを充実させたほか、民泊への対応も記載した。

 都内にはマンションが約5万3000棟ある。ガイドラインは管理組合などが運営を適正に進めるように示した指針で、2005年に策定。建物の老朽化や居住者の高齢化に伴い管理組合の機能が低下したり、管理業者に委託したりしているケースが増えていることに加え、防災への…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文514文字)

あわせて読みたい

注目の特集