メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もうひとつの動物園

守り・伝える/155 ライオン/17 /東京

 多摩動物公園のライオンの群れが大きくなり、年代ごとに雄の闘争が繰り返されるようになった。劣勢の雄はライオン園の隅に追いやられた。若い個体や雌は、バスステーションの屋根に避難した。

 来場者が観察を楽しむバスからも、姿を見ることが難しくなった。バスの窓枠に馬肉を付けたが、成獣は警戒して寄りつかず、幼獣は肉に届かなかった。

 バスの運転手が、封筒に肉を入れて窓枠につるしてみた。停車時にぶらぶら揺れる袋が、成獣を引きつけた。やがて幼獣も、バスが倒木にさしかかったタイミングで近くの木に登れば肉にありつけることを覚えた。

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文518文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  3. 消えた「春開催」 小池知事のあの一言から…東京オリンピック1年延期

  4. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

  5. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです