メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

因伯人

「浦島虎徹」を再現した刀匠 金崎秀寿さん /鳥取

「浦島虎徹」を再現した刀匠の金崎秀寿さん=鳥取市浜坂で、小野まなみ撮影

  ◇刀作り半世紀、奥深く 金崎秀寿さん(72)

 刀を作り続けて50年以上。打った本数は500を超えた。

 鍛冶屋の家系の9代目として生まれた。代々造船用のくぎや包丁、釜などを作っていたが、父義一さん(故人)の代から刀を専門に扱うようになった。父に憧れて小学校の頃から手伝いを始め、中学卒業後は県立鳥取西高の定時制に通いながら本格的に刀鍛冶の世界に入った。

 24歳で刀匠の資格を取り、7、8年たったころ、酒の席で父が言った。「お前はやれる」。一人前と認めら…

この記事は有料記事です。

残り555文字(全文782文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  4. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです