メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

機能性表示食品

県と宮大、研究へ 農産物ブランド化目指し /宮崎

 県と宮崎大は、食品が体にどう良いかの機能性を科学データを基に表示できる「機能性表示食品」を県産農産物でも活用するため、研究チームを発足させた。宮崎大医学部が中心となり、県産野菜や果物の栄養成分の臨床試験を進めて科学的根拠を示し、農産物のブランド化を目指す。

 機能性表示食品は、事業者の責任で商品パッケージに機能性を表示した食品で、2015年4月から制度が始まった。機能性表示ができれば県産品のさらなるブランド化が期待できるため、県と宮崎大は、専門…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文562文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 遭難父子 遺体発見 沢で寄り添うように 新潟の山中
  2. 加計と日大問題 似た構図、丸山真男の「無責任の体系」か
  3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  4. 選挙 立川市議選 新議員28人決まる /東京
  5. JR大宮駅 駅員の胸たたいた容疑 世田谷区の女職員逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]