メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

義務教育学校

「鶴荘学園」が開校 羽数調査「ツル科」設置 「中1ギャップ」の解消も期待 出水市 /鹿児島

記念撮影をする鶴荘学園の児童・生徒たち

 出水市荘(しょう)の市立荘小、荘中を一貫化した義務教育学校「鶴荘(かくしょう)学園」(児童・生徒55人)の開校式が5日、同校体育館であった。県内で義務教育学校が設置されるのは、6日に開校式がある南さつま市の坊津学園とともに初めて。【降旗英峰】

 義務教育学校は、2015年の学校教育法改正で制度化された学校形態の一つ。従来の小学6年、中学3年という学年の区切りを自治体の判断で自由に設定できるほか…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文495文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「面倒見の良い人」救助ヘリ落下死 女性悼む住民たち

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 武蔵小杉タワマン停電 全面復旧見えず

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「アラ探そうと躍起」 群馬の山本一太知事、ネットで記者批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです