メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
クローズアップ2017

シリア、サリン使用か 米の方針転換、裏目 政権存続容認「戦争犯罪後押し」

シリアでの主な化学兵器の使用例

 シリア北部イドリブ県で4日起きた化学兵器を使用したとみられる空爆は80人以上の死者と350人といわれる負傷者を出し、6年以上続く内戦がはらむ危険性を国際社会に改めて示した。だが、米国やロシアなど大国も介入してつばぜり合いを続ける中、真相究明や責任者処罰の見通しは暗い。和平交渉も停滞し、国際条約が禁じる化学兵器使用には歯止めがかからないのが現状だ。

 4日の空爆では、猛毒の神経剤サリンが使用された可能性も指摘され、米国に衝撃を与えた。トランプ政権は…

この記事は有料記事です。

残り1766文字(全文1991文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  2. 陸自試験で集団カンニング、45人停職 教官漏えい、写真撮りスマホで同僚に拡散

  3. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  4. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  5. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです