メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「19世紀パリ時間旅行」展 東京・練馬

 練馬区独立70周年記念展「19世紀パリ時間旅行-失われた街を求めて-」を開催します。

     仏文学者の鹿島茂さんによる「失われたパリの復元」(「芸術新潮」連載)をもとに、19世紀後半に行われた「パリ大改造」前後のパリの姿に迫ります。

     鹿島コレクションの版画や近代画家らによる絵画、衣装などを展示。近代の形成以前と以後のパリという街と社会、当時の美術を多角的に紹介します。

     <会期>4月16日(日)~6月4日(日)。午前10時~午後6時(入館は午後5時半まで)。月曜休館<会場>練馬区立美術館(東京都練馬区貫井1の36の16)<観覧料>一般800円ほか<問い合わせ>同館(03・3577・1821)

     主催 毎日新聞社、練馬区立美術館(公益財団法人練馬区文化振興協会)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 森友学園 籠池夫妻、栄養士免許を二重に悪用
    2. 松山千春さん ANA機内で熱唱 出発遅れで申し出
    3. 夏の高校野球 広陵・中村が5本目の本塁打、大会最多タイ
    4. 人生相談 30歳上の彼と結婚すべき?=回答者・渡辺えり
    5. 夏の高校野球 中京大中京マネジャー、広陵を応援 

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]