メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

地磁気発生の謎に迫る 地球内部の環境、再現実験

 方位磁石(コンパス)で東西南北を確認できるのは、地球が磁場(地磁気)を出しているためだ。磁場がいつから、どのように発生しているかは謎だったが、地球内部の状況を実験で再現することで解明が進みつつある。地球の「磁石」を巡る最新研究を追った。【渡辺諒】

 ●「地球の盾」

 磁場は、北極などで見られるオーロラが生まれる原因の一つ。日常生活で意識されることは少ないものの、「地球の盾」という重大な役割を果たしている。

 宇宙からは、有害な太陽風(太陽からの高エネルギー粒子)や放射線として知られる宇宙線のほか、強い紫外…

この記事は有料記事です。

残り1460文字(全文1713文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  3. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  4. 共同通信世論調査 政権の豪雨対応「評価せず」62%
  5. 夏の高校野球 準決勝展望 北福岡大会あす、南福岡大会22日 /福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]