連載

科学の森

科学や環境問題を専門に取材する記者が、身近な話題を図解を交えてわかりやすく解説します。

連載一覧

科学の森

地磁気発生の謎に迫る 地球内部の環境、再現実験

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 方位磁石(コンパス)で東西南北を確認できるのは、地球が磁場(地磁気)を出しているためだ。磁場がいつから、どのように発生しているかは謎だったが、地球内部の状況を実験で再現することで解明が進みつつある。地球の「磁石」を巡る最新研究を追った。【渡辺諒】

 ●「地球の盾」

 磁場は、北極などで見られるオーロラが生まれる原因の一つ。日常生活で意識されることは少ないものの、「地球の盾」という重大な役割を果たしている。

 宇宙からは、有害な太陽風(太陽からの高エネルギー粒子)や放射線として知られる宇宙線のほか、強い紫外線が降り注いでいるが、磁場が防いでいるため、地球には豊富な大気や海が存在し、生き物も生存できる。

この記事は有料記事です。

残り1412文字(全文1713文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集