メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

地磁気発生の謎に迫る 地球内部の環境、再現実験

 方位磁石(コンパス)で東西南北を確認できるのは、地球が磁場(地磁気)を出しているためだ。磁場がいつから、どのように発生しているかは謎だったが、地球内部の状況を実験で再現することで解明が進みつつある。地球の「磁石」を巡る最新研究を追った。【渡辺諒】

 ●「地球の盾」

 磁場は、北極などで見られるオーロラが生まれる原因の一つ。日常生活で意識されることは少ないものの、「地球の盾」という重大な役割を果たしている。

 宇宙からは、有害な太陽風(太陽からの高エネルギー粒子)や放射線として知られる宇宙線のほか、強い紫外…

この記事は有料記事です。

残り1460文字(全文1713文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  2. 記者不明 「殺害の証拠発見」AP報道 サウジ総領事出国
  3. 警視庁 「地面師」聴取へ 積水ハウス55億円被害
  4. バイク6人死亡 大型二輪免許なし 道交法違反容疑も
  5. EM菌 効果「承知していない」 環境相、否定的考え示す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです