メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日米首脳電話協議

「北朝鮮、重大な脅威」中国を注視

安倍首相(左)と、トランプ米大統領

 安倍晋三首相は6日朝、トランプ米大統領と電話で約35分間協議し、北朝鮮による5日の弾道ミサイル発射は「危険な挑発行為であり、日本の安全保障上の重大な脅威だ」との認識で一致した。米国時間の6、7日にはトランプ大統領と中国の習近平国家主席による米中首脳会談が開かれ、北朝鮮の核・ミサイル開発問題が主要議題の一つとなる見通し。首相は「中国がどのような対応をしていくか、日本として注目している」と中国に強い対応を求める考えを大統領に伝えた。

 電話協議では首相が「米国の強いコミットメント(関与)を背景に北朝鮮を抑止し、挑発行動の自制、国連安…

この記事は有料記事です。

残り525文字(全文792文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 住宅ローン減税、現行の10年から13年に 3年延長検討 消費増税対策で
  2. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  3. ふるさと納税 高額返礼品廃止で急減「ふり回された」
  4. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  5. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです