メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

最初の離脱は氷河期に? 科学誌に報告

地続きだった英国と欧州大陸を分けるきっかけと推測される、氷河期にできた巨大な「滝」の想像図=英ロンドン大提供

 【ブリュッセル八田浩輔】英国のグレートブリテン島が欧州大陸から地理的に分離したのは、少なくとも2度の「破滅的」な洪水による浸食が影響したとの研究成果をロンドン大などの研究チームがまとめた。チームは大学を通じ「劇的な浸食がなければまだ欧州の一部だったかもしれない。投票なしで起きた最初のブレグジット(英国の離脱)だ」とコメントした。

 4日付の英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ(電子版)で報告された。論文によると、これまで英仏を隔てるドーバー海峡が開かれたのは氷河湖からあふれ出た水による浸食が原因との仮説はあったが、有力な証拠はなかった。

 チームはドーバー海峡の海底にある直径数キロの複数のくぼみに注目。精度の高い複数の海底地形データと突き合わせ、現在より海面がはるかに低かった約45万年前の氷河期に、北海南部の湖からあふれ出た水が断崖に沿って長さ32キロ、高さ100メートルの巨大な滝となって落ち込んだ跡だと推測した。海峡を完全に開いた2度目の大きな浸食は、海岸の堆積(たいせき)物などの調査から約16万年前の可能性があるという。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国 飛行機エンジンに「おさい銭」 乗客「安全祈願」5時間遅れ 上海
  2. 鉄板落下 新名神工事、作業員死亡 800キロ下敷き 大阪・箕面
  3. ORICON NEWS B’z、超大型&高額BOX発売決定 全長78センチ・8kg・7万円
  4. 香港 世界最長の海上橋、年内完成へ 中国、マカオと結ぶ
  5. 下村氏 加計献金否定「11カ所から」室長がまとめ持参

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]